スポンサードリンク


2012年04月02日

木を削って作るオリジナルのペン回し専用ペン

木を削って作るオリジナルのペン回し専用ペンの作り方を解説します。

100円ショップのダイソーやホームセンターなどで市販されている木材を使います。このペンの良いところは、自分の手の形、大きさ、技術レベルに合わせた最適なものを作ることができる点です。
ただし、手先が不器用な人は、加工で苦労するかもしれません。

Dr.KTなどは部品集めに多大な資金がかかりますが、木を使って自分で作ってしまえば安上がりです。

<材料>
ペンよりも太い木材
(ダイソーで2本100円の細長い木を買いました=10本は作れます。ちなみに、バルサは軽くれモロいのでNG)
ボールペンのグリップ(なんでも良い)


<道具>
カッターナイフ

<作り方>
カッターナイフをのこぎりのように使い、木に切れ目を入れます。
ある程度の切れ目が入ったところでポキっと折ってください。
本物ののこぎりなどで丁寧にカットする必要はありません。
どうせ、後で削っていくので。

オリジナル木製ペン回し専用ペン

削り終わったら、両端にグリップをかぶせます。
これがないと回りません。
全て木で作れたらカッコイイですが、それはちょっと難しいですね。

オリジナル木製ペン回し専用ペン2

何度もテストをして、削り方が足りなければ、少しずつ削っていきましょう。

木の表面は、完全にツルツルにするよりも、すこしデコボコがあったほうが手にフィットしやすいことがわかりました。
削りすぎにも注意してください。



↓完成品

オリジナル木製ペン回し専用ペン3


書くことができないペンなので、もはやペンなのかどうか謎ですが、細かいことは気にしないようにしましょう。
posted by ペン回し!改造ペンの作り方研究室 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペン回し専用ペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。